阪神のドラフト候補予想2018で1位指名は?評価は吉田輝星!

こんにちは、ヨシラバーです。

注目のドラフト会議ですが、阪神は誰を指名するのでしょうか。

前評判では、吉田輝星か根尾昂を指名するのではといわれていますが、どうなるのでしょうね。阪神は最下位であり、近年のドラフトではめぼしい選手がとれず、本年のドラフトには期待がかかりますね。

阪神のドラフト指名は誰か?吉田輝星は?

ハンカチ王子こと斎藤佑樹と同じくらい甲子園を沸かせた今夏の甲子園準優勝投手でドラフト1位候補の金足農(秋田)吉田輝星です。

吉田輝星は桑田真澄や田中将大の完成度

左腰、左肩が開かず、踏み出した左足にしっかり右腕が巻き付いてくる。下半身から得たパワーが一塁側や三塁側に力が逃げるのではなく捕手のミットに一直線に体全体が向かうイメージだそうです。

吉田輝星は巨人ファン

吉田は好きな球団として「巨人」を挙げている。

 「行きたい? はい。行きたいです!」と素直な憧れを口にし、球界に波紋を呼んだ。実力はもちろん、夏の甲子園100回記念大会という大舞台で「スター性」を証明しています。

こんにちは、ヨシラバーです。 ハンカチ王子こと斎藤佑樹と同じくらい甲子園を沸かせた今夏の甲子園準優勝投手でドラフト1位候補の金足農(秋田)...

阪神のドラフト指名は誰か?二刀流根尾昂は鳥谷のような選手になれる

そこで、知名度という意味では大阪桐蔭の根尾をとるのか注目が上がっています。

投手だけでなく、外野、内野手もできる超高校級のユーティリティープレーヤーです。

阪神では鳥谷と同じ成長過程を描ける

鳥谷と同じ成長過程が期待できる、という声もある。井上チーフスカウトは、投手、内野手、外野手の全てで高く評価しているとした上で、「まずショート(遊撃)から。将来的に長くレギュラーで、の期待がある」と分析している。

 根尾は遊撃を中心に三塁や外野も守れるユーティリティーさがあり、鳥谷の後継者になれる存在感もあると分析されています。

こんにちは、yoshiloverです。 今年の巨人は、バッターは岡本・吉川尚・田中・大城、和田などバッターの若返りができています。 ...

大多数の球団が根尾昂を指名!木製バットでのバッティングを評価

ドラフト1位候補を大阪桐蔭の根尾昂で一本化したことが明らかにしています。

 これまでは金足農の152キロ右腕・吉田輝星を最有力候補に挙げていたが、U18アジア選手権や福井国体で評価が逆転。

 野手の軸である坂本勇や長野らの後継者としても期待しているそうです。

木製バットでの根尾は?

 プロと同じ木製バットを使用する中、計5試合で18打数7安打で打率3割8分9厘をマーク。スカウト陣に対応力を見せつけ、9月3日の香港戦(サンマリン宮崎)では5打数5安打1本塁打のサイクルヒットを成し遂げています。

 巨人は5日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト1位候補を大阪桐蔭の根尾昂(あきら)内野手(3年)で一本化したことが明らかになった。これまでは金足農の152キロ右腕・吉田輝星投手(3年)を最有力候補に【巨人】

まだまだ情報戦では?

まだドラフトまで時間もあるし球団の駆け引きの一つでしかない と考えられます。

まとめ

阪神は福留や糸井など外野の高齢化が進んでおり、藤原君をとるのもよいかもしれませんね。