智弁和歌山・高嶋仁監督が退任!野村克也・西谷浩一・木内 幸男との関係は?

こんにちは、ヨシラバーです。

甲子園歴代最多68勝の智弁和歌山・高嶋仁監督が退任することになりました。

智弁和歌山・髙嶋 仁監督のプロフィールは?

出身地 長崎県
生年月日 1946年5月30日(72歳)
選手情報
ポジション 投手、外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
長崎海星高等学校
日本体育大学
監督・コーチ歴
智弁学園高等学校 (1970 – 1979)
智弁学園和歌山高等学校 (1980 – )

髙嶋 仁監督の退任のコメントは?病気で薬を飲んでいた

下記のようにコメントを残しています。

「48年間高校野球に携わって、いずれはやめる時期が来る。たまたま今になった。やはりノックができなくなったのは大きな要因の一つ。体力的なもの。薬も飲んでますし、野球部の生徒に迷惑をかけたかな。100回大会に出場できたことで、理事長にお願いしていた。大会が終わってからだろうということで今日になった」

智弁和歌山・髙嶋 仁監督の甲子園の成績は?

72年から智弁学園監督、80年から智弁和歌山監督。94年春に甲子園で初優勝し、その後97年、00年夏に全国制覇しています。

大会名出場校回数成績備考
選抜高等学校野球大会智辯学園2回5勝2敗
智辯和歌山12回26勝12敗優勝1回(1994年)
全国高等学校野球選手権大会智辯学園1回2勝1敗
智辯和歌山23回36勝21敗優勝2回(1997年、2000年

智弁和歌山・髙嶋 仁監督は甲子園で最多勝利

順位名前勝敗
(春/夏)
勝率
(春/夏)
1位高嶋仁
(72歳)
68勝35敗
(30勝13敗/38勝22敗)
.667
(.698/.633)
2位中村順司
(72歳)
58勝10敗
(31勝7敗/27勝3敗)
.853
(.816/.900)
3位西谷浩一
(48歳)
55勝9敗
(23勝5敗/32勝4敗)
.859
(.821/.889)
4位渡辺元智
(74歳)
51勝22敗
(23勝12敗/28勝10敗)
.699
(.657/.737)
前田三夫
(69歳)
51勝23敗
(21勝13敗/30勝10敗)
.689
(.618/.750)
6位馬淵史郎
(62歳)
50勝31敗
(23勝13敗/27勝18敗)
.617
(.639/.600)
7位木内幸男
(87歳)
40勝19敗
(13勝6敗/27勝13敗)
.678
(.684/.675

髙嶋 仁監督の教え子は?西川遥輝や坂口真規

  • 高代延博
  • 田中昌宏
  • 柳原隆弘
  • 山口哲治
  • 宮崎充登
  • 高塚信幸
  • 中谷仁
  • 喜多隆志
  • 池邉啓二
  • 武内晋一
  • 橋本良平
  • 坂口真規
  • 岡田俊哉
  • 西川遥輝

大阪桐蔭西谷浩一監督との関係は?

両手を指先まで伸ばし、外野方向へ向かって両腕を伸ばす動作。これを頻繁にやるのが、大阪桐蔭・西谷浩一監督です。

西谷監督おなじみの動作をことあるごとにマスコミに俺を真似していると話し、「(大阪)桐蔭と当たるまで負けられん」「桐蔭に勝つまでやめられん」と言ってきた高嶋監督だが、こんなところにも大阪桐蔭、そして西谷監督を意識していることがうかがえました。

野村克也があこがれの監督!常総学院木内 幸男監督も!

野村克也元監督から「あこがれの監督」と言わせた理由は、選手の育成方法にあると言われています。各選手を多数のポジションを守れる「ユーティティプレイヤー」を育成だ。

複数のポジションで、捕球・トスなどの守備の動きを鍛えることで、連係プレーの精度を高めるようです。

また、采配は継投策をとることもあれば、先発投手を終盤ぎりぎりまで引っぱることもあり、試合展開によって使い分けます。

 先発投手の調子が悪いと判断したときは1回でも降板させることもある。また伝令や選手交代、攻守交替時での指示が勝利につながった例も数多く、その優れた采配力は同じ高校野球指導者である木内幸男も賛辞をおくっている。

まとめ

まだまだ打倒大阪桐蔭の旗手であって欲しいですね。

常総の木内監督の勇退年齢より若いし、病気が原因だったのでしょうかね。

お疲れさまでした。